夢を建てる会社 A company that builds a dream

映画の世界で良く耳にする言葉・・・「Remake:リメイク」
元来は映画を対象とした語ではあるが、現在はテレビドラマ、アニメ、ゲーム、音楽、ファッションなどの分野でも広く使われるようになってきました。
リメイクとは元となる作品の設定を一から作り直すこと。
基本的なリメイク作品は元となった作品と似たように作られるが、その理由は様々・・・
先行作品の制作年代が古く、サイレント作品・モノクロ作品・スタンダードサイズ作品だったものを、改めてトーキー・カラー・ワイドスクリーンで作りなおすケース。
映画的技術革新が前提となるため、数十年程度の間隔を置いて行われている。
もう一つは、先行作品が作られた頃とは映像技術的な違いがあり、作り直すことで新たなヴィジュアルなどが実現できると考えられたケース。
これらは我々建築業界における「リフォーム」であると定義づけられます。
しかし、世界にも見られる立派な建造物は「リフォーム」の必要性があるのでしょうか?映画の世界でも、極めて高い評価の作品がベースになった場合、「先行作品を越えるのは無理」という理由で企画が中止されることもしばしばです。
そういった意味での素晴らしきものは文化財などであり、これは当然芸術=アートです。
しかし、我々が日々目指すものは「アート」ではなく、あくまでも実用性であり、実利的なものでなければなりません。
つまりは、「リ・イマジネーション」( reimagination)であるということ・・・
これは映画などの作品用語の一つで、「再創造」とも呼ばれています。
ゼロに戻すのではなく、基本設定だけを残した新たな作品の事であり、
我々株式会社竹内は、独自のマーケティングパラダイムを確立し、お客様とともに、実利的なベネフィットをひたすら追求していきます。

さぁ、
サプライズの準備だ!

私たちが、建てるにしても、リフォームでもお客様にはタッと一つのものでであるということ。
「Only one」 が、ただ一つの限定されたものを表す場合は、必ず The をつけます。
The がつかない「Only one」 の場合、mere one, simple one のように受け取られます。
つまり、「たった一つ」というよりも、「一つに過ぎない、ただの一つ」、という意味合いです。
「たった一つ」の場合には「The」をつけます。
onlyには「たった一つの」と言うフィーリングと、「単なる」と言うフィーリングがあります。たった一つの、を使うためにはTheの「協力」を得ることが必要です。
私達のリノベーションは、お客様の「The only one」で世界でたった一つの「あなただけのもの」を目指します。
Theの協力があれば、たった一つの、と言う意味になり、Theがなければ、「単なる」それだけの、と言う意味になり、「多数」を感じることになります。

私達は、「お客様の笑顔をクリエイト」する宇宙でたった一つのモノを考えながら、日々取り組んでいます。

もっとTHEがつくオンリーワン建築を目指して!

リボン